handmade

開発&製造

Ladybugのせっけんは、レシピの考案から生産まですべてオリジナルのハンドメイド。
スタッフの手で、ひとつずつ丁寧に作ります。

「阿蘇くんわの里」は、
Ladybugの大切なパートナーです

Ladybugの石鹸づくりを支えているのは、障がい者支援施設「阿蘇くんわの里」。包装業務を担っていただいています。
こうして、ひとつひとつ丁寧に作った石鹸を、皆様の元にお届けしています。

熊本・南阿蘇の石鹸屋Ladybug

せっけん作りのきっかけは、肌が弱かった娘。
そんな我が子に安心して使えるものを探した結果、たどり着いたのが自分で作るせっけんでした。
中身(成分)が分かっているということが何よりの安心。すべて口に入っても安心安全な材料を使って作ります。合成の界面活性剤などは、一切使用しておりません。

そうして2006年、Ladybugとして熊本・南阿蘇でせっけん作りを始めました。

ゆっくりじっくり、ていねいに

Ladybug、ゆっくりじっくり、ていねいにLadybugのせっけんは、厳選した材料を合わせて、ゆっくりと愛情込めて丁寧に作られた「本物のせっけん」。
鮮度を保つために酒粕を冷凍保存したり、製造する直前に牧場へ牛乳を取りに行ったり。
熟成されたせっけんをひとつひとつカットして、パッケージングしたり。
障がい者支援施設の皆様にもお手伝いしていただきながら、すべて手作業で行っております。
そのために、決して美しいせっけんではありません。
切りっぱなしの不揃いなせっけんですが、実力は、あります。

より上質なものを求めて

Ladybugのせっけんは、空気中の水分までを引き寄せてしまうほど保湿効果の高いせっけんです。
(固形せっけんは溶け崩れしやすいので、ご使用後は水気を切って風通しの良い場所で保管をお願いします。)
上質なオイルを使ったせっけんほど溶けやすく、それならばいっそのこと固形にこだわらず、思いっきり良い素材を使いたいと想い作ったのが、クリーム状のせっけん「Mellow」。
泡が吸い付き、洗い上がりもさらにしっとりなめらかな新しいせっけんが誕生しました。