熊本・南阿蘇の手作り石鹸 Ladybug —レディバグ—


handmade

Ladybugのせっけんは、レシピの考案から生産まですべてオリジナルのハンドメイド。
スタッフの手で、ひとつずつ丁寧に作ります。

せっけん作りのきっかけは、肌が弱かった娘。
そんな我が子に安心して使えるものを探した結果、
たどり着いたのが自分で作るせっけんでした。
中身(成分)が分かっているということが何よりの安心。
すべて口に入っても安心安全な材料を使って作ります。
合成の界面活性剤などは、一切使用しておりません。

そうして2006年、Ladybugとして熊本・南阿蘇でせっけん作りを始めました。

熊本・南阿蘇の石鹸屋Ladybug

Ladybugオリジナルレシピノート Ladybug石鹸はすべてがオリジナル

すべてが“オリジナル”。

本格的にせっけん作りを始めてからは、研究の毎日。
オイルの種類によって役割が違うので、組み合わせや香りの調合など、何度も何度も計算し、試作を重ねました。
また、材料の混ぜ方やスピードによっても出来上がりが変わってくるので、材料の研究だけでなく、製造の研究と試作も数え切れないほどです。
温度や湿度など、そのときの環境によっても硬さや色、艶などの仕上がりも毎回変わるので、実は今でも毎回が試行錯誤で、日々進化していると自負しています。

Ladybugのせっけんは、レシピの考案から製造に至るまで、すべてがオリジナルのせっけんです。


熊本・南阿蘇ならではのせっけん作り

材料は、できるだけ地元の素材を使うこともLadybugのこだわり。
生産者さんはもちろんのこと、素材が作られる過程も知っていることで"安心"にもつながりますし、地元の素材を使うことで小さいながらも阿蘇への"恩返し"になれば…と思うのです。
福岡から移住してきた私には、景色や自然、阿蘇のすべてが「いいな」と思えます。
水がきれいで、せっけんとなる“素材”も豊富。
阿蘇の大自然に感銘を受けて、熊本の素材の素晴らしさを商品に取り入れたい。
また、こういうリラックスできる環境にいるからこそ、湧いてくるイメージもあり、そういう想いをカタチにしています。

そして、どんなにイイモノを作っても毎日使ってもらえるものでなければ意味がないので、"毎日使い続けられる価格"とのバランスも、日々研究を重ねています。

すべてにおいて、妥協はしません。

ゆっくりじっくり、ていねいに

Ladybugのせっけんは、厳選した材料を合わせて、ゆっくりと愛情込めて丁寧に作られた「本物のせっけん」。
鮮度を保つために酒粕を冷凍保存したり、製造する直前に牧場へ牛乳を取りに行ったり。
熟成されたせっけんをひとつひとつカットして、パッケージングしたり。
障がい者支援施設の皆様にもお手伝いしていただきながら、すべて手作業で行っております。
そのために、決して美しいせっけんではありません。
切りっぱなしの不揃いなせっけんですが、実力は、あります。


より上質なものを求めて

Ladybugのせっけんは、空気中の水分までを引き寄せてしまうほど保湿効果の高いせっけんです。
(固形せっけんは溶け崩れしやすいので、ご使用後は水気を切って風通しの良い場所で保管をお願いします。)
上質なオイルを使ったせっけんほど溶けやすく、それならばいっそのこと固形にこだわらず、思いっきり良い素材を使いたいと想い作ったのが、クリーム状のせっけん「Mellow」。
泡が吸い付き、洗い上がりもさらにしっとりなめらかな新しいせっけんが誕生しました。

オリジナル商品の企画開発について

近年は自社の商品開発だけに留まらず、多種多様な企業様との企画商品やコラボレーション商品の開発にも力を入れています。
「素材」のお持ち込みであったり、キーワードからの創造もあります。
オリジナルレシピでの開発になりますので、唯一無二の完全オリジナル商品が出来上がります。
企画のご相談など、こちらよりお問い合わせください。

製造元の表記について

製造場所は衛生管理の行き届いた化粧品製造許可取得の「阿蘇くんわの里」工場にて、Ladybugスタッフが手作業で製造しております。そのため、ラベル裏面には製造元の工場名が記載されております。


このページの先頭へ戻る